東京都 美容外科クリニック 様

SEOより検索連動型広告(リスティング広告)という選択!

お悩み

当院では、自身のある施術・自分も好きで得意な施術のキーワードを1つに絞って予算50万円を掛けてSEO対策にあてていました。
順位が上位にあるとそこそこ問合せがありますが、検索エンジンの順位が変わると全く反響がなくなり、順位が回復するまで時間も掛かり、動きが激しく全く売上も安定しませんでした。

改善施策

  • 検索連動型広告(リスティング広告)による反響分析シミュレーション作成
  • SEO対策 VS 検索連動型広告(リスティング広告)の比較分析

成果
決してSEO対策がダメということではありません。広告予算によって、何を選択すべきかの見極めをしなければなりません。
SEO対策は、検索エンジンのアルゴリズムやインデックス更新により、必ず順位が変動します。「順位=売上」体質のクリニックでは非常に危険な選択だと思います。
今回、検索連動型広告(リスティング広告)に切り替えてからは、もちろん1つの施術に特化したキーワードだけですが、トータルでのアクセス数はSEOよりも多く、なにより売上も安定しています。
また、驚いたことに以前実施していたSEO対策のキーワードよりもコンバージョンの高いキーワードを見つけることができました。

検索連動型広告ついてはこちら